とやまらいふ

富山産100%の家を設計すべく奮闘する、建築家の卵の富山生活メモ

日本最古の水族館。魚津水族館!

魚ネタが続いたので、富山を代表する魚津水族館について書くことにしました。

 

タイトルでも書いたように、日本最古の水族館が富山にあります。

 

正確には「現存する」日本最古の水族館

 

f:id:tomtom_com:20190206121455j:image

 

富山県の北東部に位置する魚津市

蜃気楼が有名ですが、魚津水族館や、ミラージュランドなんかも県民にはかなり浸透してるはず。

 

年間パスポートを所持するハードユーザー視点ですが、魚津水族館の魅力といえば、

 

・安い!

・無料!

・少ない!

・工夫!

 

って感じですかね。

まず1つ目の安い!

これは入館料。

なんと大人1人750円!

流石にワンコインとは行かないけど、これってかなり安くないですか?

映画より安いし、某スター◯◯◯◯とかって言う洒落乙なカフェとか行ったら、平気で使っちゃうような額ですよね。

 

ちなみに年間パスポートは2060円。

関東の水族館一回分にも満たないです!

 

2つ目の無料。

なんと入口前にペンギンプールと、淡水魚プール。

いやいや!

お金まだ払ってないですよ!

f:id:tomtom_com:20190206123524j:image

淡水魚プールはでっかい淡水魚が10匹くらいいます。イトウとかチョウザメとか。

盗まれないんでしょうか?

 

たまーに、水族館に来てみたら休館日だった!って事ないですか?

 

そん時も淡水魚プールで子どもの機嫌をとるって言う裏技が可能です!

 

3つ目の少ない!

はお客さんの数。

水族館的には嬉しくないのかもしれないですが、魚を鑑賞するにはとても良い感じの人口密度です。

餌やりコーナーも、お魚エステコーナーもほとんど並んだ記憶はございません。

f:id:tomtom_com:20190206124344j:image

 

そして私は4つ目の工夫という魅力がイチオシです。

 

館内には飼育員さん達の水族館を楽しむための工夫がいっぱい。

今では当たり前ですが、水中トンネルを最初に作ったのはここ魚津水族館なのだそうです。

f:id:tomtom_com:20190206125238j:image

ちなみにここから見えるのは大半がブリって言うね!葛◯臨海公園のマグロ水槽も素敵でしたが、ブリ水槽もうまそうですぞ!

f:id:tomtom_com:20190206125434j:image

 

水中トンネル以外にも工夫がいっぱいです。

f:id:tomtom_com:20190206125607j:image

前の記事でも紹介したリュウグウノツカイツカイにタッチとかもそうですが、ホタルイカの季節にはホタルイカの発光の解説もしてくれたりします。

お隣、滑川市ホタルイカミュージアムでも解説してくれますが、ホタルイカミュージアムとはまた違った解説で面白かったです。

 

他には

f:id:tomtom_com:20190206125901j:image

PPAP

懐かしいすね。

 

ちゃんと「げんげもん」の資料もありました。

f:id:tomtom_com:20190206130040j:image

 

でもなぜに、こいつだけ下の方に固まってるのか…

 

以上魚津水族館レポートでした!