とやまらいふ

富山にUターンした82年生まれ男子の富山の魅力発信と古民家改修ブログ

ソーシャルディスタンス

コロナウイルスの収束する気配が見えませんが、いろいろな所で努力や対策が始まっていますね。私にできる事はほとんどありませんが、やれることを一つだけ。

f:id:tomtom_com:20200330012520j:plain日本では「3つの密」を避けましょう。

なんていわれています。

海外では似たような意味で「social distance」、他人と1.8mの距離を保つことで、感染リスクを低減しよう。と言われているようです。

そしてこの習慣の概念や意義を視覚的に理解してもらおうと、大手企業が自社のロゴを改変させる広告キャンペーンを展開しているようです。

事例としてはAudiの「重なった」4つの〇が、重なっていない「〇〇〇〇」になったり、マクドナルドの黄色の「m」は真ん中を開けて「nn」になっているようです。

今の状況を広告として、またはジョークとしてロゴを改変させている行為については、世界の危機的な状況の深刻さが伝わらなくなる危険性があるなど、否定的な意見もあるようです。とは言え一定の効果もあると思いますし、何より私にもできる事なので、小さな努力としてロゴを改変したと言うわけです。

www.tomtoy.site

こんな事を書くと、不快に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、今のところ富山県は感染者ゼロで頑張っています。今日現在、感染者ゼロの都道府県は、岩手、山形、富山、鳥取、島根の5県のようです。

人口密度では、富山(25位)、鳥取(37位)、山形(42位)、島根(43位)、岩手(46位)と富山を除いてかなりの下位の県が占めています。※2019年10月

人口密度が低いという事は、単純に人と人の距離が遠い。とも言い換えられると思います。(25位の富山県も人口ランキングでは5県中3位(総合37位)になるほど人が少ないようです。)

2年前までは新宿勤務だったので、都会の方のソーシャルディスタンス1.8mの確保がいかに困難な事かは分かっているつもりですが、私にできる何か。という事で改変したロゴマークを公開させていただきました。

1日も早い終息を願います。

 

続屋根裏作業

2020/03/16

新旧材料の共演。
今までの古民家に無かった材料の一つとして金属と断熱材は既出でしたが、今日はまた一つ古民家には無い材料が登場します。新しい材料を古民家に使っていくと、如何に新しい材料が使いやすいかが良くわかりますね。

屋根裏の断熱材を垂木間にはめ込んだ次の作業です。このまま断熱材あらわし仕上げ、と言うのもコスト的にはありですが、流石に美観上よろしくないので、仕上げを行うための下地を作っていきます。下地は建築工事でお馴染みの石膏ボードでつくります。

f:id:tomtom_com:20200326123022j:image

話題の腕を組んでいる「虎」ではなく、結構リアルな「虎」のマークでお馴染みの石膏ボードです。注)虎のマークは「吉野石膏」さんの商品のマークであって、他の会社の石膏ボードには描いて無いです!

ホームセンターでも売られてますし、最近のほとんどの建物で使われているので解説不要かもしれませんが、馴染みの無い方の為にプチ解説。

石膏ボードと言うのはその名の通り、石膏で作った板ですが、石膏の両面に紙が貼ってあるボードです。

柄付きの物や、割れにくい様にしたもの、防水性能を持たせた物など種類がありますが、基本構成は同じです。

加工のし易さに加え、コスト、燃え難さなど、特殊用途の建物でない限り、総合力で最強の壁材と言っても過言ではありません。

f:id:tomtom_com:20200326015330j:plain

写真薄黄色の部分が石膏ボードを貼った箇所ですが、こんな感じで断熱材を隠していきます。

ここまでの屋根裏の作業を下の写真でまとめると、①壁の下地作り②断熱材施工③石膏ボード取り付け用下地の構築④石膏ボードの張り込み、となります。

f:id:tomtom_com:20200326020018j:plain

さて、前々回の下地作りでも触れましたが、真っ直ぐでない小屋組の部材は、石膏ボード張りではさらに困難を極めます。

なんてったって、曲がった材料に合わせてボードを切り出さなきゃいけないですからね。

f:id:tomtom_com:20200327080046j:image

この辺り流石プロ!って感じですし、こう言う自由な加工がしやすい材料がある事に感謝です!

 

屋根断熱

2020/03/14

上向き作業と下向き作業。
同じ作業でも上向きで行うか、下向きで行うかで作業の効率が全然違いますね。新築ならば施工手順の工夫で上向き作業を減らすことも可能ですが、改修はそうはいきません。「段取り八分仕上げ二分」なんて格言?がありますが、段取りって本当に大切ですね。

足場上作業第二段は屋根断熱。その名の通り屋根の裏側に断熱材を設置していきます。今回使うのも床と同じくネオマフォームさんです。垂木と垂木の間にネオマフォームを貼っていくので、根太間にネオマフォームを設置する床と基本的には同じです。ただ床との大きな違いがあり、床に比べて作業は大変です。

f:id:tomtom_com:20200323121909j:image

その違いは上向きで作業すると言う事。

同じ作業でも上向きか下向きでは作業性が全然違いますね。下向きなら材料を「置けば」良いですが、上向きの場合、材料を「固定」しないと材料がが落ちてきます。

f:id:tomtom_com:20200323122118j:image

しかも床は根太が新設だったので、断熱材の幅も一定でしたが、屋根の垂木は間隔がバラバラなので、断熱材も間隔に合わせて切り分けが必要です。

そんなこんなで同じ材料ではありますが、手間のかかる作業なのであります。と言うわけで今日からしばらくは屋根断熱作業ですが、さすが大工さん。仕事が早い早い!あっという間に進んじゃいました。

f:id:tomtom_com:20200323122001j:image

上が何もしていない屋根裏。下が断熱材施工済みですね。

では今日はこの辺で〜

悲願達成!

ついにこの日がやってきました!

富山駅路面電車南北接続。

f:id:tomtom_com:20200322013457j:image

富山市民の方なら連日の報道でもう聞き飽きちゃいましたかね?でも富山市民、しかも北部民にとっては本当に悲願だったのです。

どんなに悲願だったかは過去の記事を参照ください.

www.tomtoy.site

都市構造が大きく変わる、記念日だった訳ですが、朝から記念乗車の人で富山駅はごった返しだったそうです。

富山県民はコロナウィルスなんてへっちゃらなんでしょーか?ちなみに今日時点でも富山は感染者ゼロですが…

いや!それほどみんなが待ちわびていた!と言う事なんでしょう。

とは言え私はコロナウィルスが怖いので、人混みから離れて記念撮影です。

f:id:tomtom_com:20200322114119j:plain

富山駅の南側で撮影しましたが、手前オレンジの差し色がしてある車両が、北側で運行されていた車両(PORTRAM)。左の古めかしい車両が昔から富山の南側を走っていた車両。真ん中が富山の南側の新しい線路を走っていた車両(CENTRAM)です。

これら3つが一緒に見れる日が来るなんて〜

感無量です。

さて今日は路面電車南北接続記念イベントが目白押しです。

我が家はこれに参加!

f:id:tomtom_com:20200322114348j:plain

の予定でしたが、コロナにびびって取りやめです。屋外だからそこまでリスクは高く無いんでしょーが、感染を広げないためにも自粛で、私だけ遠巻きから撮影です。

今年は津南のスカイランタンも中止になっちゃったから、本当は行きたかったんですけどねー

www.tomtoy.site

と言うわけで森市長の挨拶のあと一斉にスカイランタンを空に飛ばしました。

さてこのランタン、こんな都心部で飛ばして良いの?なんて思われるかもしれませんが、実はこれ、中にLEDを仕込んだ風船です。(一個食事券付きで2000円です)しかもタコのように紐付き。街を汚さない、火災を起こさない工夫ですね。

f:id:tomtom_com:20200322114851j:image

と言うわけで、スカイランタンの後はお約束の花火を上げて、素敵な記念日が締めくくられました〜

横浜に住んでた時に、みなとみらい線の開通や、新宿勤務時に副都心線の開通もありました。北陸新幹線も初日に乗りましたが、今日が1番ワクワクした気がします。コロナのせいで存分に楽しむ事が出来ませんでしたが、大好きな富山がもっと好きになる、富山自慢がまた一つ増える素敵な事業でした。

富山駅路面電車の乗り場ですが、新幹線中央改札から出ると目の前です。新幹線高架下の路面電車駅は国内唯一のようですね。

f:id:tomtom_com:20200322115043j:image

その辺りの写真も追々アップしますが、新しい富山駅、そして岩瀬浜から大学前、または南富山までの小旅行なんていかがですか?

料金はどこで降りても往復420円ですよー

足場作業第一段

2020/03/10

経験と技術が頼り。
古民家は現代のように緻密に計算され、綺麗に製材された部材でできているわけではありません。ほぼ丸太のままのような、曲がっている材料もそのまま使っていて、各所が現場合わせで作られています。そうなると図面化するのは難しく、工事も結局大工さん任せになる部分が多いです。これから始まる小屋組内は、その最たる場所の為、大工さんの経験と技術が光ります。

前回足場ができたので、今日からは足場の上での作業です。足場上での作業第一段は壁作り。

f:id:tomtom_com:20200317033546j:plain

前回と同じイメージ写真ですが、天井のあった部分(着色部)より上は壁などは無くスカスカです。

f:id:tomtom_com:20200320013335j:plain

イメージ通りの空間を作るにはここに壁が必要で、この壁作りが今日の作業。

と言うわけで、小屋組(屋根を構成する構造フレーム)の間に壁の下地となる木材を格子状に設置していきます。

f:id:tomtom_com:20200319212430j:image

古民家の場合、小屋組の木材がクネクネしていたり、大きさがまちまちだったりとしているため、そういった場所との納まりはかなり興味深いです。

f:id:tomtom_com:20200319212709j:image

適当じゃない?なんて思わないでくださいね。あとから壁に隠れるしこれで十分なんです!と言うわけでこの壁の下地を合計4面作って今日の作業は終わりです。

明日は何をするんでしょーねー?

 

 

足場が出来たよ!

2020/03/09

上へ上へ
床や壁の工事は一時中断して、工事は上へと進んでいきます。というのも床はこれから床断熱や、仕上げ工事といった破損や汚れに気を遣う作業になります。そんな作業を始めてしまってから上で作業してしまっては、物が落ちたりして破損や汚れに繋がりかねません。というわけで足場上での作業開始に向けて、今日は足場を設置します。

前日同様耐震壁の施工と並行して足場が今日からお目見えです。

f:id:tomtom_com:20200317104623j:image
可能な限りDIYで!と思ってもやはりこの辺りは業者さんに頼まざるを得ません。

もちろん足場を自分で手配して、組み立てる事は不可能では無いですが、安全面を考慮すると、この辺りは頼んだ方が無難です。

でも、そもそもなんで足場がいるの?なんて思われた方もいらっしゃるかも知れませんね。

しかも写真を見る限り全面には設置されていません。

その理由は一部の天井を無くしてしまうから。

www.tomtoy.site

天井の撤去は以前お伝えした通り、私が行いましたので足場は関係ないのですが、撤去した後が問題です。こちらが完成予想パースに着色したものですが、ちょうど着色した箇所が以前天井があった所です。

f:id:tomtom_com:20200317033546j:plain

この天井が有った部分より上は、今まで天井のお陰で見えない場所でした。その為、写真のように埃まみれな上に、仕上げもされていない状況です。

f:id:tomtom_com:20200317105016j:image

この天井より上の空間ですが、1番高い所で床から8m近くの高さがあります。脚立では届きませんし、何より作業効率が悪すぎる為、この部分を工事すべく足場を設置したと言うわけです。

f:id:tomtom_com:20200317105423j:image

さてさて明日はこの足場を使って、どんな工事をするのでしょーかねー?

 

耐力壁施工

2020/03/07

安心をプラス
今日から改修のとても大切な耐震壁の工事がスタートです。完成時には壁の中に隠れてしまいますし、古民家ならではの開放感は犠牲になりますが、大地震時の安心感が上がります。大地震がいつやってくるかは分かりませんが、まずはやれるところから対策します!

床の下地まで施工が終わったので、床の上の工事が始まります。というわけで床上工事第一段は耐力壁です。壁なので空間の広さは犠牲になりますが、こいつが出来上がると、地震に対して「少しだけ」安心感が増します。

f:id:tomtom_com:20200312124114j:image

今日はまだ1箇所だけですが、筋交いと言う写真のバツ印の部材を施工していきます。筋交いの足元には、古民家ではほとんどお目にかからない金属が登場します。

f:id:tomtom_com:20200309184636j:plain

古民家だから木材にこだわって、金属を使わずにやりたいところではありますが、安全に関わる部分なので致し方ないです。何よりこやつを使うことで、構造耐力を計算する上で重要な壁の長さを、実際の長さより2倍~3倍にまで延長して考える事ができ、開放感の高い古民家にいっぱい壁を入れずに済みます。

www.tomtoy.site

そんなこんなで筋交いをもう何か所か追加していく予定ですが、今日の作業はここまで。毎度おなじみ前日からのビフォアーアフターを載せて今日は終わりです!

f:id:tomtom_com:20200307154507j:plain

Before

f:id:tomtom_com:20200307154508j:plain

After