とやまらいふ

富山産100%の家を設計すべく奮闘する、建築家の卵の富山生活メモ

富山地方鉄道の魅力(その3)

このシリーズも今回で3回目。

今日は富山地方鉄道のアートな側面をご紹介。

鉄道とアート?

ちょっとした鉄道好きの方はこんな新幹線を思いつくかもしれませんね。

f:id:tomtom_com:20190717060604j:plain

出典:ウィキペディアより

移動の中で現代アートを楽しめる新幹線。

その名も現美新幹線!

まだ乗ったことはないですが、世界最速の芸術鑑賞の旅なんてとっても素敵ですよね。

さて、我らが富山地方鉄道も負けてません。

その名も動く美術館「立山あーとれいん」

f:id:tomtom_com:20190715003911j:image

夏の期間限定で1日4往復。

電鉄富山駅立山駅を往復します。

ポスターの電車と、写真の電車の色が違うじゃねーか!と言う突っ込みはやめておきましょう(笑)

f:id:tomtom_com:20190716091343j:image

さて、この企画「らいじい」がまた来てねと言っておりますが、なんと主催は立山町

注)「らいじい」というのは時刻表右下にいる富山県の県鳥、天然記念物の雷鳥のマスコットの事です。

そのため、いわゆる中吊り広告の部分を使って、立山町の身近な風景を紹介しています。

f:id:tomtom_com:20190716091224j:image

全てを見たわけではないですが、アートと言うより、風土の紹介的な内容が多い気がしました。

ただ、どなたの撮った写真かわかりませんが、そんな日常の風景がどこか懐かしく、また綺麗な写真になっていると思いました。

f:id:tomtom_com:20190716090958j:image

アーティストが作った美術館にある作品はもちろん素敵ですが、こう言った日常の中に潜む風景の中から、綺麗だったり、見たことが無いような景色だったりを切り取る視点って私はとても素敵だと思います。

f:id:tomtom_com:20190716091148j:image

中吊り広告なので、車内を歩きながら見ていると、車内の地元民にやや注目されがちですが、一度ご乗車されてはいかがでしょうか?

注意点は時刻表にある通り、立山線のみの運行ということでしょうか?

f:id:tomtom_com:20190716092348j:image

電鉄富山駅を出て最初の分岐駅の稲荷町駅までに見るのは、時間的になかなか難しいですが、宇奈月や上市に行かれる方は、電鉄富山駅寺田駅間であれば十分見れます。(なんてったって2両編成ですから!)

もちろん以前紹介した、岩峅寺駅立山駅まで、のんびり景色とアートを楽しむのも一興かと思います。

www.tomtoy.site

www.tomtoy.site

では今日はこの辺で〜

黒が大好き富山県民

黒い食べ物と言えば何が思いつきますか?

黒豆、黒ウーロン茶、イカスミパスタ…

意外とないですよね。

でも富山県民はそんな黒い食べ物が大好きです。全国でも有名になったブラックラーメンを始め、黒作り(ハラワタではなくイカスミを使った塩辛の事です。)なんて食べ物があります。

極め付けはこれ!

f:id:tomtom_com:20190711193638j:image

富山ブラックカレー!

富山を代表する企業、広貫堂さんが販売してますが、真っ黒なレトルトカレーです。

黒の正体は黒豆とイカスミと赤ワイン、黒胡椒、そして沢山のスパイスのようです。

f:id:tomtom_com:20190712122737j:image

どれくらいくらいか分かるように、子どもの食べてた他社さんの甘口カレーを横に並べてみました!(子どものだけカツが載ってる!!!)

f:id:tomtom_com:20190712123115j:image

結構黒いっす。

流石にここまで黒いと見慣れないだけに抵抗が大きいですね。しかも隣に白いご飯がいるもんだから、尚更黒く見えると言う…

ただこのブラックカレー、結構値がはります。

食べないわけにはいきません。

意を決して、実食!

f:id:tomtom_com:20190712124013j:image

おお?

美味い!

と言うか普通にカレーです。

驚くほど普通です。

たまに黒豆が顔を出しますが、それ以外は私たちがよく食べるカレーライスであります。

気をつけるの事は、カレーにソース派の方。

どれだけかけたか、わからなくなるのでかけ過ぎ注意って事くらいでしょうか?

100円均一でもレトルトカレーが買える昨今、ちょいとお高めですが、話のタネにいかがですか?

ゴミ拾いとサクラマス

我が家の恒例行事、山形さくらんぼ食べ放題ツアーから帰っての翌日。

五時起きで海岸のゴミ拾いに行ってきました!

自主的にではないです(笑)

実は今週の日曜日は富山市の八重津浜でこんなイベントをやってました。

f:id:tomtom_com:20190708074332j:image

コスモアースコンシャスアクト。

ラジオのFM放送を聴いてる人にはおなじみですかね?

コスモ石油さんと全国FM放送局が一緒に、地球環境の保護と保全を全世界に呼びかけていく活動です。

f:id:tomtom_com:20190709120414j:image

今回はFM富山主催での八重津浜での開催でしたが、参加したのには大きな理由があります。

 

それは地球環境を守りたいから!

うーん…嘘では無いんですが、それなら自主的にやれば良い訳で。

と言うわけで別の理由がありました。

それは最後に素敵なイベントがあるから。

f:id:tomtom_com:20190708074439j:image

サクラマス稚魚放流体験!

後述しますが、サクラマスは富山土産として有名なます寿司の原料です。注)サクラマスではないます寿司もあるそうです。そんなサクラマスの稚魚を放流させてもらえるという事で、子どもを誘って参加したという訳です。

では当日レポート行きます。

まず参加ですが、ラジオで2ヶ月前くらいからだったと思いますが、案内をしてました。んでFM富山のホームページから申込をして、参加が可能です。当日は500人くらいきてましたねー

f:id:tomtom_com:20190708075926j:image

5時半受付開始、6時から開会式がありましたが、さすがラジオ局主催。司会進行はアナウンサーです!名前は…忘れた(笑)

f:id:tomtom_com:20190709004309j:image

最初にゴミの分別の注意やら、タイムスケジュールやらの説明があって、みんなで記念撮影をしてから掃除開始。写りたく無い人は後ろの方に行きましょう!

f:id:tomtom_com:20190709004243j:image

早朝なので暑くもなく、とても掃除しやすいのが素敵です。(眠いけど…)

そしてもっと素敵だったのが中学生が二校も参加してた事。最寄りの和合中学生だけならまだしも、かなり海岸から離れる新庄中学校までバスで参加されてました!

生徒は四時起きとかなんでしょうねー

f:id:tomtom_com:20190709024320j:image

1時間半ゴミを拾って、ゴミを集積場に持っていきます。この日のゴミは27000リットル集まったそうですが、量がよくわからないですね。

ごみ収集車が四台来てたのでそれくらいなのでしょうか?

f:id:tomtom_com:20190709004222j:image

ゴミ拾いが終わったらお待ちかね、サクラマス稚魚放流体験。

今回のサクラマスの赤ちゃんですが、なんと近畿大学の水産研究所出身。最近は魚の養殖ってなると近畿大学の名前をよく聞きます。すごいっすね〜

f:id:tomtom_com:20190709024349j:image

さて、このサクラマス、冒頭で紹介した通り、一部のます寿司の原料です。サクラマスは川で生まれて、ある程度の大きさになると、海に出ます。

海でいっぱい食べて、大きくなって川に戻ってくるそうですが、川魚のヤマメって聞いた事ないですか?実は奴らがサクラマスの子ども、もしくは、海に行かず川で育った大人をヤマメと言うそうです。と言うわけで放流するのはこのヤマメと言うわけです。

f:id:tomtom_com:20190709004036j:image

ヤマメはトラックに乗って約190匹やってきました。小さい子から順番に持ってきたバケツに1匹ずつもらいます。

うちがもらったのはこいつ。15㎝くらいはありそうでした。

f:id:tomtom_com:20190709024735j:image

早速波打ち際に行って海に放すわけですが、ちょっとコツが必要で、失敗するとこーなります。

f:id:tomtom_com:20190709084549j:image

まーちょっと考えれば想像出来るのですが、寄せては返す波のタイミングに合わせないと、砂浜に稚魚が放置されると言う事態が…

放流するのは子どもたちのですし、なかなか波が引いたタイミングを狙うのも大変です。タイミングが合わせられずビショビショになる子も何人か居たようです。全体的にうまく放流できた子の方が少ない気がしました。

でも感動したのは稚魚の生きる力。タイミング悪く浜に落とされた稚魚達は自分でなんとか海に向かいます。

f:id:tomtom_com:20190709085221j:image

飛び跳ねて頑張る奴もいれば、波が来たタイミングで少ない水の上を必死に泳ぐ奴。「頑張れー」と言う声の中、無事190匹全てのヤマメが海に旅立って行きました!f:id:tomtom_com:20190709085520j:image

最後はなんとサプライズゲストのカレイさん!

なんとトラックで運ばれてきた水槽の中にはサプライズでカレイさんも混じっていて、最後まで頑張ってくれた子どもたちへのご褒美と言わんばかりの放流体験でした。

f:id:tomtom_com:20190709120738j:image

案の定、カレイであっても安定の砂浜放流でカレイは必死で頑張ってました…

 

と、こんな感じで砂浜清掃とサクラマスの放流と楽しんできましたが、私的にはとても素敵なイベントだったと思います。

いろんなボランティアがありますが、震災復興ボランティアとかは、ボランティアによって助かる人が目に見えてるし、感謝もされます。

そー言う意味で達成感が得られやすいボランティアのような気がしますが、砂浜清掃なんかはやったところで誰か特定の人が喜んでくれるわけじゃない。

f:id:tomtom_com:20190709121424j:image

また時間が経つとまたゴミが漂着する。

効果だって実感しにくい。

なんとも達成感が味わいにくく、終わりのないボランティアではないでしょうか…

とはいえ最近のストローやレジ袋の削減に代表されるように、プラスチックによる海洋汚染は深刻度を増していて、砂浜清掃は誰かがやらなければいけない事です。

お金を払って清掃してもらう手もありますが、今回のようにお金ではなくサクラマスの放流と言う「体験」を対価として払う方法はとても素敵だと思いました。

また稚魚を放流する事で小さな命が生きていく環境を守っていくと言う意識の芽生など、本当に意味のある活動だと思いませんか?

f:id:tomtom_com:20190709122653j:image

なかなか自主的にとは行きませんが、ぜひまた今度参加したいですね。

では今日はこの辺で。

富山に来たら食べるもの。

昨日突如友人が富山に来ました。

そして放った一言。

「これだけは食べとけってものある?」

いや〜なかなか難しい質問ですよね。

皆さんならなんて答えます?

ます寿司?ブラックラーメン?げんげ?

げんげはないか(笑)

悩んだ挙句出した答えは

f:id:tomtom_com:20190701180205j:image

寿司。

普通〜って声が聞こえてきそうですが、気にせず書きます。

食べ物って難しいですよね。

好みがあるし、文化がある。

誰かが旨さを数値化したみたいですが、その数値が高ければ美味いってわけでもない。

客観的な評価ができない、ほんと困った質問です。

でも敢えて寿司と答えたのは、富山の寿司には1つだけ客観的な評価ができるから。

f:id:tomtom_com:20190701181122j:image

その客観的な評価というのは「鮮度」

鮮度だけは抜群に良いんです。

ただ最初に断っておくと、前述した数値化された旨味というのは、魚にかかるストレスや、絞め方で違ったり、絞めてから数時間かけて増えるそうで、鮮度が良い=美味い!

とはならないそうです。

まー熟成肉なんかもその良い例ですよね。

f:id:tomtom_com:20190702120040j:image

と言うわけで美味いかどうかは好みによりますが、なぜ富山の魚は鮮度が良いのか?

その秘密は海底の形状にあるようです。

小学校か中学校で、日本の海には大陸棚があるんですよーなんて教わった覚えがありませんか?比較的浅い海が続いてるっていうやつです。

ところがどっこい、富山湾は例外で、海岸からちょっと離れると一気に1000mほど沈み込んでいるそうです。

つまりほかの地域と比べて、深いところに住む魚の漁場が圧倒的に近い、と言うのが鮮度の秘密なわけであります。「天然の生け簀」なんて呼ばれているようですよ!

ちなみにあまりにも急激に深くなっているため、陸から見ると海の色が変わって見えたりします。そんな場所を藍瓶(あいがめ)って言うんですって。

f:id:tomtom_com:20190703233204j:image

でもってそんな鮮度が売りなもんだから、漁師さん達も鮮度を落とさない工夫をいっぱいしてくれてます。

鮮度抜群な魚を食す、鮮度が売りな料理と言えば、寿司でしょ!

という事で、富山に来たら食べて欲しい物は寿司!にしました〜

 

と寿司の話はここまでにして、先程から登場している寿司の写真。実は作り物だって気づいてました?

実はこれ、巨大な食品サンプルです。

色といい、光沢感といい良くできてますよね。

これ、ちょっと前までは富山空港にあったのですが、今は富山駅の新幹線改札を入って右側に置いてあります。

f:id:tomtom_com:20190703233732j:image

認定された寿司屋さんでお願いすると握ってくれる、「富山湾鮨」の広告のようですが、本当に良くできています。富山湾鮨は季節によってネタが変わるので、必ずサンプルにある魚が食べられるわけではないようですが、富山県産米を使い、10貫2000円〜食べられるそうです。

もちろん富山湾鮨を頼まなくても、県内のお寿司屋さんで、富山湾で捕れた魚を頼まれてもOKですよ。回転ずしでも、ちゃんと取れた漁港を書いてくれている親切なお店もいっぱいありますからね!

というわけで富山に来たら是非、寿司を食べて帰ってください!

どうしても新幹線の発車か迫っている方や、魚が苦手な人はここの食品サンプルを見て、楽しんでみてはいかがでしょうか?

f:id:tomtom_com:20190703234033j:image

 

ほたるシーズン到来

前回の宣言通り今日は「仁歩ほたるの里」のレポート。ただ最初に断っておくと、写真がイマイチでちょっと魅力を伝えきれないと思います。といきなりの言い訳スタートですが行きます。

f:id:tomtom_com:20190627115159j:image

仁歩ほたるの里は富山市八尾町三ツ松という場所にあって、正式名称は「仁歩ほたるの里農村公園」、富山駅から車で約1時間、八尾の町を抜けて山道を行くと進行方向左手に見つける事ができます。なんと運営は仁歩地区の自治振興会さんがされているとのことですが、嬉しいことに入場無料です!

さてそんなほたるの里ですが、「ほたるの里」というくらいですから、蛍の数は行く日と時間を間違わなければ確実に出会えます。

絶対ほたるを見たいんだー!という人にはお勧めのスポットです。

f:id:tomtom_com:20190628111534j:image

というわけで、仁歩ほたるの里の注意点

・時期は6月中旬~7月上旬、時間帯は20時~21時

6月末はヘイケボタルゲンジボタルの両方が見れますよ。

あと風が強い日は蛍は飛ばないようです。飛んでるほたるを見たい方は風の弱い日の方がよさそうです。

カップルや家族で行くには最適

ほたるの光を邪魔しない程度の街灯、歩きやすく整備された道などほたる鑑賞の為の整備が行き届いています。トイレなどがきちんとあるのも嬉しいですね。

・本気写真を撮りたい方は平日がおすすめ

これはここに限った話ではないですが、ほたる観察エリアはそんなに広くないので、三脚を置いてると確実に邪魔者扱いされます。またとても残念なのが、道路が意外と近く、アングルによっては車のライトが入ってしまいます。

f:id:tomtom_com:20190628111154j:image

以上私が感じた注意点でした。

ただ県内にはほたるスポットは結構あるらしく、富山市街からくる方は途中「ねいの里」でもほたるが見れますし、「ファミリーパーク」でも期間限定で見せてくれます。また今時Google先生に聞けば主要スポットは簡単に抑えられますが、県内各所で見ることができるようです。あなただけの秘密のスポットを見つけてみてはいかがでしょうか?

最後に日本一小さな村、舟橋村図書館にあった村内ほたる出現マップを紹介して、終わりますね~ 

f:id:tomtom_com:20190628111048j:image

花菖蒲のライトアップ!

窓を開けて寝るにはちょっと寒いですが、夜がとても過ごしやすくなってきましたね〜

と言うわけで今日は夜の綺麗なお花の話。

先週末ですが、滑川を代表する行田公園に行ってきました。目的は行田公園の代名詞と言っても過言ではない花菖蒲。今年は初めてライトアップをするという事で、行ってきたのであります。

f:id:tomtom_com:20190620121537j:image

さて、この行田公園ですが、元は京都祇園社の荘園だったそうです。それが祇園田と呼ばれ、さらに訛って「ぎょうでん」と呼ばれる様になったとの事。

約6.6haの敷地には、88種、4万株の花菖蒲が植わっているそうです。

本来なら昼の花菖蒲も記事にしたかったのですが、夜の9時に現地入りしたので今日はライトアップだけ。

でもってこの4万株の花菖蒲は東西南北4つの園に分かれているみたいですが、なにぶん時間が遅かった為、西菖蒲園しか行ってません。

f:id:tomtom_com:20190621122421j:image

インターネットを駆使して調べてみましたが、初開催のせいか、他の3園でライトアップしていたかどうかはわかりませんでした。

そんな中身の薄い記事ですかご了承ください。

ではライトアップの感想ですが、西菖蒲園は湿地になっている為、湿地の周りからだけではなく、ウッドデッキから花菖蒲を見る事が出来ます。全体を見るなら周りからがオススメですが、菖蒲園の真ん中を歩けるウッドデッキからの眺めもなかなか素敵です。

f:id:tomtom_com:20190621181547j:image

ただコストの関係なのか、ライトアップされていたのはウッドデッキの片側だけ…

ちょっと残念。

それと気になったのは、ちょっと光の量が肉眼で見るには少ないというか、弱い気がしました。

こうやって写真にすると、露光時間を長くして撮っているので明るく写るのですが、肉眼ではちょっと頼りないかなーと言った感じでした。

でもまあ、初開催でしたし写真は綺麗に撮れたので良かったです!

f:id:tomtom_com:20190623161813j:image

では最後に見学の注意。

まず西公園ですがその名の通り公園の西側にあり、地鉄電車で行く人にとっては中滑川駅から1番近いので、とても行きやすい場所です。車で行く方は、前々回記事の滑川市児童館の横の駐車場に止めれは西菖蒲園が至近です。

次に時間帯ですが、あくまで今年の例なのと聞いた話でしかありませんが、日没直後はちょっと混んでるようなので、遅い時間がオススメですね。私が行った9時頃は10人も居なかったような気がします。

また、写真を撮る人も、ライトアップの光量が少なめなので、夕景より夜景の方が撮りやすいかもしれないです。というわけで8時半頃が良いのではないでしょうか?

f:id:tomtom_com:20190623161852j:image

行田公園と言えば、蛍に出会える公園としても滑川市では有名です。次回レポート予定の仁歩ほたるの里農村公園では蛍の数ががピークになりつつあるようですし、富山市周辺の目撃情報もちらほら出ています。ゲンジボタルの発光は8時から9時くらいなので、花菖蒲のライトアップに合わせて園内でホタル探しなんかも素敵かもしれませんね。

富山が誇る隠れた遺産②

富山が誇る隠れた遺産シリーズ、今日は第2弾。

今日の遺産はガス燈。

ファミリーレストランじゃないですよ。

ガストー…

f:id:tomtom_com:20190615183702j:image

ガスで夜の街を照らす灯具です。

大正の頃は全盛期だったようですが、私が生まれた頃はもう名前だけで、伝統保存地区とかでないと、実物を見ることはなかなか無いですね。

そんなガス燈ですが富山の街でも一燈、未だに見ることができます。

(噂によると岩瀬にもあるようですが、、、)

f:id:tomtom_com:20190615185109j:image

場所は桜橋近くの松川沿い。

フェラーリを見ながら食事が出来る、イタリアンレストラン、ルシェロさんの前にあります。

大正の頃は松川沿いにあって、水面に映る光ががさぞかし綺麗だったんだろうなぁ〜と感じさせてくれます。

f:id:tomtom_com:20190620023439j:plain

さて、このガス灯が廃れたのには大きく2つの理由がありそうです。1つは安全性。当然の事ながら火がでてますし、ガスも出てます。いろんな技術の進歩で、危険!とまではいかなくても、電気に比べるとリスクは大きいですよね〜

そしてもう一つが、メンテナンス費用。ガス灯にはマントルという網袋が付いているようで、このマントルの交換が3ヶ月〜半年に1回程度必要なようです。

f:id:tomtom_com:20190619120649j:image

ってなわけでほとんどの街灯が電灯に置き換わってしまったという訳です。

安全性とメンテナンス性。すごーく大事ですよね。私たちもお客様に建物を説明するときに、安全性とメンテナンス性に関して必ずと言って良いほど提案しますし、そこを否定される事は皆無ではないでしょうか?

でもこーしてガス灯の優しい光を見ていると、安全性は置いておいても、メンテナンス性は多少犠牲にしてでも、雰囲気を提案するのもありかな?って気になりませんか?

子どもや車だって手がかるほど可愛いって言うし。

f:id:tomtom_com:20190620023818j:plain

また最近では、富山に限らず、全国で怖い事件が起きてますね。

そしてその抑止や、記録のために町には防犯カメラが設置されてます。

もちろんそれはそれで大切なことですが、例えばマントルの交換が半年に1回だとして、町にガス灯が約180本あって、1日に1本メンテナンスするとしたら、毎日どこかのガス灯には整備の人がいる。

その人 の目や存在が犯罪の抑止になったり、町に活気を生んだりって事もあると思うのです。効率やコストは大切ですが、そんなお金では解決できない価値も大切にしたいな~と思ったガス燈見学でした。

 どうでもいいけどgooglemapさん、「燈」か「灯」は良いとしても「搭」って…