とやまらいふ

富山にUターンした82年生まれ男子の富山の魅力発信と古民家改修ブログ

古民家の断熱を考える

さて、前回完成イメージを公開したのですが、どうやって今の案に行き着いたのかをお伝えしようと思います。とは言え、コンセプトや使い勝手、断熱の方法や耐震補強などなど、色んな要素が複雑に絡みあっての今の案です。とても一回では書ききれないので、毎回テーマを持って書いて行こうと思います。

それでは行きます。第1回目は断熱がテーマです。

2020/01/22

服のような断熱

f:id:tomtom_com:20200122022547p:plain

夏は薄着で、冬は重ね着。

私たち人間には当たり前の事。

高気密高断熱住宅への改修は無理なので、気温に合わせて服を脱ぎ着できるような断熱を目指します。

最近では高気密高断熱住宅なんて良く聞くようになりましたが、高気密高断熱って何が良いのよ?って思われる方もいらっしゃると思います。早い話が室内の熱を逃さない工夫の事で、現在省エネ住宅を作る上で最も支持されている方法です。とは言えこの高気密高断熱と言うのは、最近こそ当たり前ですが、我が家の様な大正時代の建物にはほとんど考えられていない概念です。その為、過去の記事でも触れましたが、我が家には今では当たり前の断熱材は設置されていませんし、床や壁には隙間があって低気密です。と言うわけで断熱をどうするか?と言う問題は古民家改修における優先検討事項になります。

さてここまで読んでこんな疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

「じゃあ昔はどうやって生活してたの?」

温暖化の影響で、夏は今より気温が低く過ごしやすかったかもしれませんが、冬は今より寒さが厳しかったはずです。

その答えを一言で説明はできませんし、色んな要因が複合的に絡み合っていると思いますが、私は、「庇」と「縁側」にヒントがあると思っています。

f:id:tomtom_com:20200122032236j:plain

「庇」は説明不要ですね。右図の通り入口や窓の上から跳ねだしている部材が「庇」です。
「縁側」も大丈夫ですね。右図の庇の下にある床が跳ねだしている部分が「縁側」です。

 

何故「庇」と「縁側」なのかと言うと、夏の日影と冬の重ね着をイメージしてもらえると分かりやすいかも知れません。

夏暑ければ日陰に避難しますよね?

つまり夏は日陰を作るために「庇」をいっぱい出して暑さをしのいでいたというわけです。昔はエアコンが無く室内の空気を冷やせなかったし、日影のおかげで涼しい風が抜けていたので、夏の断熱は必要が無かった。というわけです。

一方で冬は寒ければ服をいっぱい着ますよね?

なぜ服をいっぱい着ると暖かいのでしょうか?その答えは服が暖かいから。ではなく、身体から発熱された熱が逃げないから。まさに身体の周りの断熱性能が上がるから、と言うのが答えです。と言う事は家にも重ね着をする様に、冬だけ服を着させてやれば良いわけです。で、その服の役目をしてくれるのが「縁側」だったのではないかと勝手に想像しています。では何故「縁側」が「重ね着」になるのか?という疑問にお答えする為に、少し数式を登場させます。

f:id:tomtom_com:20200122033715j:plain

なんのこっちゃ分からないですよね。

順々に説明します。まずそもそも「断熱」とは前術した通り熱を逃がさない工夫です。ちょうど図の赤い矢印が、室内から外へ熱が逃げる様子を示しています。で、その逃げていく熱の量の(E)とします。つまり断熱性能を上げるにはこの(E)が小さければ小さいほど断熱性能が上がっていく。という数式です。

というわけで、この数式は

①内外の温度差が小さければ小さいほど(E)は小さいです。

→温度差が無ければ熱の移動が無くなるので比較的イメージしやすいかと思います。

②壁の厚さが厚ければ厚いほど(E)は小さくなります。

→分厚い壁と、薄い壁だと当然薄い方が熱を伝えやすいのでこちらもイメージしやすいと思います。

f:id:tomtom_com:20200122031926j:plain

③聞きなれない言葉「熱伝導率」が重要です!

→「熱伝導率」というのは物体毎に決められた(測定された)熱の伝わりやすさを示す数値で、代表的な物体の数値は右の表のようになってます。

さてこの表を見てこんなことを思われるかもしれません。

乾燥空気最強じゃね?

その通りで、実は空気は断熱素材としてかなり優秀です。もちろん上を見ればアルゴンガスなどと言った物もありますが、乾燥空気はアルミと比較すると約一万分の一も熱を伝えない物質なのです。と言うわけで「断熱=空気の扱い方」と言っても過言ではありません。防寒着の代表と言えばダウンジャケットなんかが代表ですが、あれもダウン(水鳥の羽毛)の断熱性能が凄いのではなく、ダウンは空気の保持の仕方が抜群に効率的な為に暖かいのです。建築においても巷で流行りの断熱材ネオマフォームも、よく聞くグラスウールなんかも空気の閉じ込め方が違うだけで断熱の主役は空気です!

と言うわけで「縁側」部分に空気を閉じ込める事が、家に「重ね着」をさせる事になるのではないか?縁側部分を空気の部屋にして、断熱の服にしてしまおう。と言うのが今回の断熱コンセプト、「服のような断熱」となるわけです。

f:id:tomtom_com:20200122033411j:plain

ネオマフォームの熱伝導率は0.02なので、縁側の幅が1メートルだとすると数字上はネオマフォーム約820ミリと同等の性能がある事になります。ただここで断っておくと、断熱は実は奥が深く、先ほどの数式だけでは語れない要素として、気密性や対流などと言った要素が沢山あります。これまた解説するには時間がかかりすぎるので機会があればにしますが、縁側断熱は計算通りの効果はありません。

とはいえ、断熱材に頼るのではなく、平面計画を工夫をしていく事で、冬の暖かさを獲得出来るような計画にしたいと思います。

古民家改修イメージ(初期案)

新年最初の古民家改修記事です。去年は古民家の調査や解体ばかりでしたが、新年が明けたので、改修案を公開していこうと思います。

まず第一弾として、完成イメージの一部を公開します。ただこのイメージは最終形で、コスト調整や工事の順序などで、いつ観る事が出来る姿かは私自身謎です。とは言え、描かない夢は実現しませんからね!

では行きます。

Before

f:id:tomtom_com:20200119112636j:image

f:id:tomtom_com:20200119012339p:plain

After

f:id:tomtom_com:20200117114443j:image

家具や照明が無いので単純比較が難しいですが、Beforeの方は写真だけじゃなくて、CGも載せたので少しは比較しやすいでしょうか?

こーやって比較すると色とか違う所も多々ありますね〜

次に行きます!

Before

f:id:tomtom_com:20200119112807j:image

f:id:tomtom_com:20200119012638p:plain

After

f:id:tomtom_com:20200117114626j:image

今後解説しますが、やはり耐震性を上げるために壁を増やさなくていけないので平面的な広がりが無くなっちゃいました。その代わりと言う訳では無いですが、天井を抜いて縦方向の広がりを新たに作ってます。

まだまだありますよ~

Before

f:id:tomtom_com:20200119113558j:image

f:id:tomtom_com:20200119012940p:plain

After

f:id:tomtom_com:20200117114613j:image

キッチンが置かれた以外はあまり変わってないですね。コンセプトとしても、コスト面からも無駄に変えない事を大事にしたいと思っています。

最後はちょっと外から見てみます。

Before

f:id:tomtom_com:20200119113035j:image

f:id:tomtom_com:20200119013204j:plain

After

f:id:tomtom_com:20200117114617j:image

いろいろ説明をしたい所ですが、今回は解説すると長くなるので、まずはイメージだけでご容赦ください。追々ですが、ブログで解説させていただきます。

代わりにと言っては何ですが、前々からレポートすると言っていた、PCの使用感を少しだけレポートさせていただきます。

www.tomtoy.site

f:id:tomtom_com:20200118223952j:plain今回のイメージですが作図をRevitで行い、レンダリングは当初の予定から変更して、Lumionではなく、Twinmotionを使ってます。何故かって?だって無料だもん!

で肝心の使用感ですが、どちらも現状ストレスフリーです。Twinmotionの方ではOculusRiftを接続してVR空間を作成させても全く問題ないです。

購入して1年近く経ちますがまだまだ行けそうです。建物の規模や詳細度で使用感も違うとは思いますが、参考にしていただければ幸いです。

 

富山と言えばます寿司でしょ③

更新が遅くなってすみませんでした。古民家の見積対応図面作成で寝る間も無くて…

寝ましたが(笑)

と言うわけでシリーズ第3弾。

富山の定番土産のます寿司レポートです。今日は私も初めてのお店に挑戦です。その名も「なかの屋」さん。本社は田中町と言う場所にあります。

f:id:tomtom_com:20200114122825j:image

この建物、看板が無かったらます寿司屋さんだってわからないかもですね。ちなみに、ます寿司と言えばその昔原料となるマスが神通川で取れていたので、富山市街の西側に店舗が多いのですが、なかの屋さんはその逆の東側になります。なんでなんでしょーねー?

では前置きはそれぐらいにして、早速食べていきますが、7日に買ったので2日程度は日持ちするようです。富山駅で買いましたが、本店で買うと違ったりするのかどうかは定かではありません。

f:id:tomtom_com:20200114125541j:image

梅鉢の家紋が入った緑のパッケージです。紐で十文字に留めてあり、オーソドックスな包装ですね。何故梅鉢の家紋を使っているのかはちゃんと解説が左上にありますが、前田藩の家紋だそうです。

f:id:tomtom_com:20200114125842j:image

次に毎度お馴染みの原材料チェック。f:id:tomtom_com:20200114125922j:image

こちらもオーソドックスに「ます(サケ類)」。とりあえずサクラマスでは無さそうですが、季節によって違うとは思いますが、北海道羅臼産のサケが使われている様です。何故分かるかって?

じゃーん!

f:id:tomtom_com:20200114130303j:image

お店の横にトロ箱が積んでありました…ってかお店の前なんだし、もうちょっと整理しても良さそうですが、駅で買えるし、わざわざ本店に来る人なんて少ないんでしょーね。

話が逸れましたが開封していきます。

f:id:tomtom_com:20200114130544j:image

こちらも普通の梱包です。おしぼりと箸とナイフが付いてます。

いつもどおりゴムを外して、ひっくり返して、桶の底を外します。

f:id:tomtom_com:20200114130705j:image

毎度の事ですが綺麗な笹でございます。いつもよりちょっと濡れ感があるかな?と思いつつナイフを入れる前にチラ見します。

f:id:tomtom_com:20200114130918j:image

!!!

お!

お!

ここへ来て変化球です。

これが変化球と気付く方はかなりのます寿司マニアですぞ!分からない方の為に、初回のせきの屋さんの写真を参考に載せます。

f:id:tomtom_com:20200114131143j:image

どおです?わかりました?

なかの屋さんのはマスが下にあります!

それって重要なの?と思われるかも知れませんが、これは製法と関わっているので、意外と重要です。

どういう事かと言うと、いつも開封時に桶をひっくり返しているので、今の写真上部になっている面は、桶の底の部分です。

と言うことは、普通は笹を並べた後に、ますを桶の底にひいて、その上に米を載せて押し寿司にしていきます。ところがどっこい、なかの屋さんはその逆になっているで、米を先に入れて、最後にマスを載せていることになります。

f:id:tomtom_com:20200114194555j:image

何故そうしているのかは、想像の域を出ませんが、マスを柔らかく保つ工夫では無いかと思っています。先に米だけ押してからマスを載せる、そうする事でマスを必要以上に押す必要が無く柔らかな食感を保っている、と言う事なのでは無いでしょうか?

さてさて、またしても話が逸れましたが、そんな工夫による効果を期待しながら実食です。

f:id:tomtom_com:20200114195158j:image

お!

やわら…

甘!

えと、確かに他よりレア感がある気がするのですが、それよりも甘味が前面に出てます!多分今まで私が食べたます寿司の中でダントツの甘さです。

この甘味がサケから引き出された甘味なのか、はたまた砂糖による甘味なのかは定かではありませんが、とにかく甘いです。

旨いか不味いかは、個人の好みもあるのでいつも通り言及しませんが、こんな味付けもあるんだなー、とます寿司の奥深さを感じた「なかの屋」さんのます寿司でした!

f:id:tomtom_com:20200114200710j:image

 

富山で手紙を出すオススメスポット

EメールやSNSですっかり手紙を書かなくなりましたね。最近では年賀状すら怪しいですが、日頃の感謝を伝えたり、旅行先で手紙を書いたりと、手書きの手紙には何物にも変えがたい魅力があるのもまた事実ですよね。

と言うわけで今日は富山のオススメポストを紹介します。

その名もドラえもんポスト!

f:id:tomtom_com:20200103132415j:image

色的にはミニドラのような色ですが、ちゃんとドラえもんです。このドラえもんポストですが高岡駅(新幹線の新高岡駅では無いので注意してくださいね。)に設置されています。ドラえもんがポストの上に載ってポストを持っているため、一瞬投函口がどちらか悩んでしまいますが、ドラえもんが持っている方に投函します。

f:id:tomtom_com:20200103223512j:image

投函すると書いてあるとおり、ドラえもんの消印をゲットできます。よく消印って言いますが押印って書いてありますね。さらにドラえもんが赤色になっている謎の解説もありますね。

そして、そもそも何故富山にドラえもん?と言う問いにも答えてくれてますが、まさに藤子・F・不二雄さんの生まれたのが、この富山県高岡市である事にちなんでこんなポストがあるわけです。

f:id:tomtom_com:20200104104054j:image

そんなわけで、富山で手紙を出す場合は是非ともこちらからどうぞ。あ、注意書きがありますが、個人間の郵便でお願いします。

さて、藤子・F・不二雄さんの出身地と言うからには他にもいっぱい藤子・F・不二雄さん関連施設が有るとご想像出来ると思いますが、ご想像通り美術館や公園などもあります。

f:id:tomtom_com:20200104105139j:image

その辺りは今後の記事で紹介しますが、せっかくなので、ドラえもんポスト周辺で楽しめる藤子・F・不二雄さんスポットを紹介します。

ドラえもんポストは高岡駅にあるわけですが、高岡駅には以前紹介した新湊まで繋がっている万葉線と言う路面電車が発着しています。

www.tomtoy.siteこれまたエピソード満載の素敵な路面電車ですが、昔ながらのレトロな車両や新型の真っ赤な車両が走っています。

f:id:tomtom_com:20200105105311j:plain

 出典:ウィキペディアより

そんないろいろな車両に混じってドラえもんブルーの車両があります。

f:id:tomtom_com:20200104105906j:image

その名もドラえもんトラム!(そのまんま…笑)そこら中にドラえもんのキャラクターや、ドラえもんの道具の絵がいっぱいです。

f:id:tomtom_com:20200104211744j:image

このドラえもんトラムですが臨時運行でも、別料金でも無く、その他の万葉線に混じって普通に運行されてます。

f:id:tomtom_com:20200104212022j:image

終点の越ノ潟まで行って、戻ってくるので1時間45分おきに乗車するチャンスがあります。参考までに最新の時刻表です。(行かれる際は調べ直してくださいね。)

f:id:tomtom_com:20200105101033j:image

乗り場はドラえもんポストの後ろです。どこでもドアの乗車扉から乗り込んで、海を目指してはいかがでしょうか?

f:id:tomtom_com:20200105101512j:image

さて、高岡駅周辺のドラえもんスポットはもう一つあります。駅前にあるひときわ大きな建物、その名もウイングウイング高岡。飲食店やオフィスに加え図書館、そして高校が入居する複合施設ですが、この広場にドラえもんの主要キャラクターがいます。


f:id:tomtom_com:20200105103053j:image

f:id:tomtom_com:20200105103048j:image

ドラえもんとドラミちゃん。


f:id:tomtom_com:20200105103200j:image

f:id:tomtom_com:20200105103156j:image

のび太としずかちゃん。


f:id:tomtom_com:20200105103229j:image

f:id:tomtom_com:20200105103225j:image

ジャイアンスネ夫スネ夫の髪の3D表現がなかなか興味深いですね〜

と言うわけで今日はここまで。

ではまた〜

2020年もよろしくお願いします。

明けましておめでとうございます。

いよいよ2020年になりましたね。

2020年は日本国民的にはやはりオリンピックが大きなイベントですね。

そして富山は今まで別々だった南北の路面電車の接続が1つ大きなイベントになりそうです。

www.tomtoy.site

富山市民の悲願の達成、今までの都市の人の流れが大きく変わりますね。

我が家も古民家への引越しなどイベントが目白押しです。

そんなイベント盛りだくさんな日本、富山、我が家ですが、都市や空間、建築を中心に今年もブログにしていきたいと思います。

今年もよろしくお願い致します。

と言うわけで新年1つ目の記事は「富山の魅力を1つだけあげるとしたら」です。

去年もいろんな魅力を紹介させていただきましたが、一個だけ!と言われた時に何にするか?

それはやはり「立山連峰が見えること」だと思います。

f:id:tomtom_com:20200101235340j:image

しかもそれが結構どこにいても見る事が出来る、と言う事が私はとても素敵だと思っています。たかが山ですが、春の残雪が光る立山連峰に始まり、新緑の夏、紅葉の秋、冠雪の冬と、日々違った顔を見せてくれますし、時間や場所によっても様々です。

f:id:tomtom_com:20200102003707j:image

一方で富山と言えば晴天率は全国的に低く、立山連峰が見えない日も結構多い事がまた魅力を一層引き立ててくれているのかもしれません。

f:id:tomtom_com:20200102000530j:image

立山連峰が綺麗に見えてる日は、天気のせいもあると思いますが、本当に気持ちの良い一日が過ごせる気がします。

f:id:tomtom_com:20200102004250j:image

もちろん立山連峰が綺麗に見えるスポットもあれば、そうでない場所もありますが、上の写真は有名スポットも含まれてますが、どれも住宅地からの写真です。

もちろん北陸新幹線の車窓からも綺麗に見えます。

f:id:tomtom_com:20200102002739j:image

特別な場所に行かなくても、私達の生活に溶け込んでいる立山連峰。あまりに溶け込みすぎて気にしない人も沢山いるのが現実ですし、私自身も学生時代は立山連峰を気にした記憶が無いですが、富山の魅力を1つだけあげるとしたら、今は迷わず「立山連峰が見える事」って答えますね。

f:id:tomtom_com:20200102003753j:image

ちなみに富山市のキャッチフレーズは「立山おぐ特等席」らしいですよ。

f:id:tomtom_com:20200102001423j:image

記事を書いてるうちに2日になってしまいましたが、今日はこの辺りで。今年も沢山の富山の魅力を皆さんにお伝えしていきたいと思います。

f:id:tomtom_com:20200102001829j:image

表札を作るよ!(設置編)

表札製作シリーズも今回で5回目ですが、いよいよ設置して完成を迎えます。

過去の記事はこちら↓

第1回:表札を作るよ!(デザイン編)

第2回:表札を作るよ!(神代杉調達編)

第3回:表札を作るよ!(神代杉加工編)

第4回:表札を作るよ!(金屋石加工編)

f:id:tomtom_com:20191231033413j:plain

では早速設置しましょう。

設置方法も材料やサイズ、下地の状況でいくつかの選択肢がありますが、大きく分けると①引っ掛けタイプ②接着タイプ③載っけるタイプの3つでは無いでしょうか?

③の載っけるタイプはあまり見かけないですが、お洒落に設置できますね。

②は下地や本体が重要で、適切な接着材選びが必要ですが、設置方法としては1番簡単かも知れないです。

①は最もオーソドックスですね。紐を使ったり直接引っ掛けたりと方法がありますが、ほとんどの表札はこのタイプでは無いでしょうか?

我が家はタイプ①の直接引っ掛けタイプ(図)で行くことにします。

まずば材料です。

f:id:tomtom_com:20191231012711j:image

上から①金屋石(※自称)②電動ドリル③ドリルビットの3つ。

③のドリルビットはちゃんと木材用と石材用の2種類を用意しましょう。

f:id:tomtom_com:20191231012951j:image

では穴を開けていきます。

材料を裏返して穴を開けますが、先ほどの図の通り引っ掛けた時に落ちないように斜め上方に向かって穴を開けていきます。

f:id:tomtom_com:20191231013829j:image

写真ではすでに二個目のあなを開けてますが、設置した時に部材が回転しないようニ箇所にあなを開けます。

f:id:tomtom_com:20191231014015j:image

さて、ここからは写真が無いですが、同じように神代杉の方も穴を開けて、取り付ける場所に釘を4本打ち付けます。微調整は可能ですが、水平や表札の穴の位置と合うようにきちんと計ってから釘を打ちます。

そして引っかけると…

f:id:tomtom_com:20191231031013j:plain
お!

おおー

出来たー

かっこ良いじゃん!

f:id:tomtom_com:20191231031050j:plain
というわけで、年内の「とやまらいふは」今日が最後です。今年の元旦より初めて1年が経ち、今日の記事で99個目でした。(本当なら100まで行きたかったところですが、、、)

いつも「とやまらいふ」を楽しみにして読んでくださっている皆様、ありがとうございます。来年も同じくらいのペースで記事を書いていこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

表札を作るよ!(金屋石加工編)

さて、今回も前回からの引き続きで、表札の製作について。

www.tomtoy.site

今回は石の加工です。ただ石の加工なんて今までやった事がありません!(そんな状況なのに石を使おうとする神経を疑いたくなりますが…)

と言う訳で、google先生に聞いてみます。なんとなく以下の事がわかりました。

①2cm厚さくらいまでならディスクグラインダーで切断可能

②2cm厚以上はプロの領域

③切るのではなく研磨する手もある

④切るのではなく割る手もある

と言った感じです。

要するに2cm超えて、綺麗に切断したいならプロに頼め!ってことですが、こんな小物一個を頼むには気がひけます。と言うわけで③と④でやる事にします。まず準備です。


f:id:tomtom_com:20191226134203j:image

f:id:tomtom_com:20191226134208j:image

左の写真の上から①ディスクグラインダー②げんのう③平タガネの3つと、右の写真の金屋石(※自称)です。あと写真には無いですが、万力やマスク、ゴーグルも必須です。

では加工していきます。割らずにひたすら削るのも手ですが、さすがに時間がかかりすぎるので、まずは大まかに平タガネを使って割っていきます。左手にタガネ、右手にげんのうを持って、タガネの頭を叩きます。

f:id:tomtom_com:20191226134833j:image

こんな感じで、割りたい所にタガネを当てて数回叩くと割れてくれます。

ただ困った事に、なかなか思い通りに割れません…

無残にも思い通りに割れなくて使えなかった石の残骸です…

f:id:tomtom_com:20191226135629j:image

それでも割続ける事30分。いい感じの大きさで割れてきました。

材料がいっぱい余ってたから良かったですが、神代杉のようにギリギリしか無かったらえらいこっちゃでした!

f:id:tomtom_com:20191226135751j:image

こやつらをベースに今度は削って形を整えていきます。

時間をかけずに削りたいので、ディスクグラインダーには粗目の砥石をセットします。

f:id:tomtom_com:20191226135957j:image

万力に石を持たせ、ディスクグラインダーでひたすら削っていきます。ディスクグラインダーは冒頭でも紹介した通り、切断もできる道具です。なめてかかると指を失う羽目になるので、注意しながら進めます。

f:id:tomtom_com:20191226140024j:image

そして写真が無いですが粉塵がすごいのでマスクとゴーグルは必須です。石が柔らかいお陰でとても順調に進みます。

f:id:tomtom_com:20191226140224j:image

削っていくと綺麗な緑がかった水色が顔を出します。

削る事1時間弱、ちょうど良い感じで割れた3つの塊を全て削り終えました。

f:id:tomtom_com:20191226140605j:image

この中から前回切った神代杉と合わせて、1番しっかりするやつを探します。

f:id:tomtom_com:20191229024851j:plain

おおー!

いい感じです!

え?モザイクになっている名前はどうやったのかって?

本来なら記事にするところなのですが、さすがに本名がバレバレになってしまうので、制作レポートは無しです。乳白色の塩ビシートを切り抜いて張り付けてます。

と言うわけで、無事金屋石の加工と名前の接着が終わったので、いよいよ表札を設置しますが、その様子は次回〜