とやまらいふ

富山産100%の家を設計すべく奮闘する、建築家の卵の富山生活メモ

富山の美味しい水道水

もう大分前になりますが、富山の美味しい水が飲める空の窓口をご紹介しましたが、

www.tomtoy.site

陸の窓口、富山駅にもちゃんとありました。

f:id:tomtom_com:20190514121031j:image

さて、肝心の場所ですが一階のあいの風とやま鉄道の改札口、又は新幹線の改札口から出てそのまま真っ直ぐ行くと、路面電車の乗り場が有ります。

そこの右側を抜けた先の左側にClartéというコンビニや薬局の入った商業施設がありますが、そのちょっと先にトイレがあって、そのトイレの入口に設置されてます。

f:id:tomtom_com:20190514121708j:image

空港と同じくなんとも分かりづらく、あまり行かない場所ですが、子ども用の高さもちゃんと設置されてます。

で、ここでビックリしたのが、なんと飲めるのは「水道水」!

f:id:tomtom_com:20190516094557j:image

美味しい湧き水とかではなく、富山のほとんどの家庭ならどこでも飲める水道水であります。

確かに他の都道府県に比べて、不味いとは思いませんが、硬度の違いや水の好みは人それぞれでしょうし、敢えて美味しいと言い切っちゃって良いのかかなり謎です。

しかもなんと7年連続モンドセレクション受賞と言う事実。

とはいえモンドセレクションも美味い不味いの評価ではなく、商品としてきちんとしているか?と言う部分の評価が大きいらしいのですが…

f:id:tomtom_com:20190516175216j:image

とりあえず富山の水道水は硬度30前後の軟水のようです。これも好みではありますが、コーヒーとかお茶を飲むのに適しているそうです。

新幹線を降りたらすぐ目的地に向かうのも悪くないですが、まずは富山の水道水で一服されてはいかがでしょうか?

もちろんインターネットでの購入も可能です。

故郷富山を離れて遠方で暮らす方、出張で富山を離れる方、はたまた非常用の水として如何でしょうか?

ととやま / 富山上下水道局 とやまの水 500ml×24本入 【2013モンドセレクション最高金賞受賞】

日本一小さな村の素敵な駅

富山地方鉄道の素敵な駅紹介、第2弾です。

今日は越中舟橋駅

f:id:tomtom_com:20190513095048j:image

富山駅から地鉄本線に乗ると、市街地を抜けた辺りで、大きな川を渡ります。

この川こそ、急流河川として有名な常願寺川ですが(詳しくはまた記事にしますね。)小学校の社会の教科書とかに、外国の川との比較で出ています。

で、この川を渡って1つ目の駅が越中舟橋駅

f:id:tomtom_com:20190513120609j:image

宇奈月方面に向かう本線と、立山に向かう立山線の分岐する寺田駅の1つ前の駅になりますが、なんと図書館が駅ビルに入っているという複合用途の駅です。

で、この図書館が普通じゃない!

なんと、、、、、

カモシカがいます。

f:id:tomtom_com:20190513122948j:image

いやいや!

剥製でしょ!

って思ったあなた。

まぢです。

生きてます。

f:id:tomtom_com:20190513123348j:image

正確に言うと、昔カモシカが図書館に来たことがある。と言った方が正しいですね。

とは言え図書館の開館中にちゃんと自動ドアから入ってきたみたいですよ。

この実話はちゃんと絵本にもなっているそうです。興味のある方は是非お近くの図書館で探してみてください。

あ!舟橋駅の図書館にはもちろんおいてありますよ〜

f:id:tomtom_com:20190513124330j:image

さて話は変わってこの舟橋村

タイトルでサラッと書きましたが、日本一小さな自治体として有名です。

小さいとは言っても、広さ的には東京ディズニーランドの7倍程度は有るのですが、約3000人の村人が住んでいるそうです。

f:id:tomtom_com:20190513125649j:image

そんな舟橋村にある越中舟橋駅

駅前は建物が有りますが、五分も歩けば豊かな田園地帯が広がってます。

お時間のある方は是非。

f:id:tomtom_com:20190513130406j:image

 

海王丸の総帆展帆!

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

もう今日でゴールデンウィークも終わりですね〜

我が家は前回記事のこどもの国を含め、富山→町田→修善寺→奈良→白浜→富山と約1700キロの周遊から無事帰宅し、昨日はのんびり富山で過ごしました!

アドベンチャーワールド閉園からの富山帰宅は流石に長かった…

 

さて昨日のご報告。

昨日は射水市海王丸パークに行ってきました〜

射水市は日本のベニスでも紹介しましたが富山の西に位置する市です。

www.tomtoy.site

海王丸パークまでは富山市内から1時間弱ですね。

さて、この海王丸パーク。

その名の通り海王丸がいます。

海王丸って?

牛若丸的な歴史的な偉人とか、おじゃる丸的な可愛い系じゃないですよ。

f:id:tomtom_com:20190506101828j:plain

帆船です。それも普通の帆船ではなく、練習帆船です。貴婦人って言われてるらしいです。

どうでもいいけど、SLのC57も貴婦人って呼ばれてますね。あれも美しいですね。

貴婦人って誰が呼び始めるのか知らないけど、確かに「貴婦人」って感じがするから素敵ですねー

f:id:tomtom_com:20190506102511j:image

さて、この貴婦人。

年中ここにいるわけですが、いつもは帆が畳まれていて、マストだけです。

ところがどっこい、「貴婦人」と呼べる写真のように帆が広がった姿、総帆展帆が拝めるのは、年に10回くらいしかチャンスが無いのであります!しかも天候の影響で総帆展帆ができないことも。

f:id:tomtom_com:20190506104332j:image

それにしても綺麗ですね〜

今年はすでに2回終わってますが、まだ8回あるので、ご興味のある方は是非ー

 

◆総帆展帆予定日(2019年)

①4月21日(日)

②5月5日(日・祝)☆

③5月26日(日)

④6月16日(日)

⑤7月15日(月・祝)☆ 海の日 登しょう礼 正午汽笛吹鳴

⑥7月28日(日)

⑦8月25日(日)

⑧9月23日(月・祝)

⑨10月19日(土)

⑩10月27日(日)☆

 

5回目は海の日開催ってだけあって特別なようですね〜

さて、では見に行く時の注意点。

まずはアクセス。

海王丸パークには三方からのアクセスが可能です。西側の内川からのアクセス。南側の新港大橋からのアクセス。東の新湊大橋からのアクセス。

f:id:tomtom_com:20190506121643j:image

おススメは東の新湊大橋からのアクセスですかねー?理由は比較的空いているのと、海王丸を上から眺められること。それに後部座席の人は立山連峰が一望できます。

f:id:tomtom_com:20190506120008j:image

写真右側が新湊大橋

海王丸新湊大橋、それに立山連峰が見えます!いやいや絵になりますねー

なんと世界で最も美しい湾だそうですよ。

f:id:tomtom_com:20190506121128j:image

モンサンミッシェルとかも加盟してるみたいですね。それにしても加盟って…自己申告なのでしょうか?しかも加盟しているのは新湊ではなく富山湾…なんか色々謎ですねー

まーでも綺麗だから良いじゃない!

f:id:tomtom_com:20190506121431j:image

さて次の注意点は時間。

総帆展帆は2時までです。家でお昼を食べてゆっくり行こうなんて思っていると、ついた頃にはマストだけなんてことも…

過去に我が家はそんな失敗をしました(笑)

当日は

9:30    展帆作業準備
10:00   展帆作業開始
11:30ごろ 展帆作業終了 
14:00   畳帆作業開始
15:30ごろ 畳帆作業終了

といった感じですので、帆を張る作業から見たい方は午前中から、総帆展帆の姿だけ見れれば良いかなーって方はお弁当を作ってお昼着くらいを目標に行かれてはいかがでしょうか?

 

ありがとう平成!

平成が終わっちゃいましたねー

思いとしては平成のうちに投稿したかったのですが、だらだらとしていたらもう令和も2日目…

皆さんにとって平成はどんな時間でしたか?

私は平成元年の時にちょうど小学校1年生でした。当時昭和から平成になった事を意識できる年では無かったですが、元号と学年が同じで覚えやすかった事、一緒に年月を重ねる事ができた事、もろもろ感慨深いものがあります。

さて、と言うわけで今日は元号と深い関わりのある天皇陛下の我が家における直接的なありがたみについて。

それは…

f:id:tomtom_com:20190430122306j:image

こどもの国@神奈川!

富山とは全く関係無いですが、去年まで住んでいた東京の自宅から至近のこどもの為の一大遊び場、その名もこどもの国に久しぶりに行ってきました。

で、なんで天皇陛下?ですが、なんと!このこどもの国は平成の天皇皇后つまり今の上皇上皇后のご結婚を記念して、全国から集まったお祝い金を基金に作られたそうです!

f:id:tomtom_com:20190430180742j:image

結婚祝いなので上皇陛下がまだ皇太子の頃、昭和40年の5月5日に開園した約100ヘクタールの公園です。プールやミニ遊園地、じゃぶじゃぶ池と言ったいわゆるこども向け施設だけではなく、動物園や牧場まであります。

f:id:tomtom_com:20190430181205j:image

牧場といっても単に牛や羊がいるだけだと思ったら大間違いで、牛乳の製造販売、牛の出産までする牧場です。その為、都会っ子でも乳搾り体験を始め、そこで取れたミルクを使ったバターやチーズ作り体験、ソフトクリームなんかも食べる事が出来るのであります!

f:id:tomtom_com:20190430231626j:image

さて、このこどもの国の魅力は語りつくせないほどありますが、今回は「継承」というこどもの国の魅力に触れたいと思います。

まず大事なのが立地環境。

なんと米軍が管理していた、旧日本陸軍の弾薬庫があった場所を使っています。

その為公園内には至る所に弾薬庫跡がそのまま残ってます!

f:id:tomtom_com:20190501185844j:image

物によっては倉庫などに使われているところもあるようですが、ほとんどがそのままのようです。戦争があった事をしれっと感じさせてくれるなんて子どもの教育としてはかなり秀逸かと…

まーもちろんそんな事に気付かず遊ぶ子が大半でしょうけど(笑)

そうそう、弾薬庫の再利用として、こんなのもありました。

f:id:tomtom_com:20190501190616j:image

なんでも戦場で出会った米軍と日本国軍のボーイスカウト同士の記念碑のようです。

f:id:tomtom_com:20190501190736j:image

そして継承としてもう一つ。

昔ながらの子どもの遊びも継承してくれてます。これは絵描き歌ですね〜

f:id:tomtom_com:20190502051438j:image

思わず懐かしいって思っちゃいますね。

中には全然知らないものや、部分的にしか知らないものもありますが、こういうものに自然に触れられる場所って素敵ですよねー

f:id:tomtom_com:20190502051910j:image

看板だけじゃなくてベンチもありました。

なぜか5個くらい全部「ちゃつみ」ですが(笑)

他にもあの「イサム・ノグチ」の作品が人知れず有ったり、花や植物、沢山の昆虫や蛇にも出会えます。

f:id:tomtom_com:20190502052617j:image

最後に私のお気に入り!

子ども国名物、入り口の悪魔!

f:id:tomtom_com:20190502092543j:image

わかりますか?

チョークで地面に落書きコーナーであります。

入場ゲートをくぐってすぐにあるので、先に進みたくても進めない!

さあ帰ろうと、ゲートに向かってもゲート前で足止めを食らうとなんとも親には困った場所であります。

でもここなら車も来ないし、チョークだって使い放題!なんだって描けます!

f:id:tomtom_com:20190502092901j:image

子供にとっては夢のような場所ですね〜

決して新しいものがあるわけではありませんが、子どもが楽しめる場所には新しさとか斬新さなんてほとんど必要なくて、安全で体や頭をいっぱい使える事が1番大切では無いでしょうか?

f:id:tomtom_com:20190502093655j:image

それは昭和も平成も令和もきっと変わらないでしょうね。こんな素敵な場を作ってくれた上皇上皇后に感謝ですね〜

関東にお住いの方は是非一度行ってみてください。長津田から専用の電車、こどもの国線なんていう路線まで敷設して、入園料も激安。

まさに子どものために考えられた場所ですよ。

 

では令和も「とやまらいふ」をよろしくお願いします。

 

 

 

富山地方鉄道の魅力(その1)

今日は前々から書くと宣言していた富山地方鉄道の魅力について。

 そして今日紹介するのは、その中でも抜群の魅力を誇る車両について。

 まずはこちらの写真から!

f:id:tomtom_com:20190411165733j:image

こちらは富山地方鉄道の起点となる電鉄富山駅の写真です。

ちょっと電車に詳しい人ならピンと来るはずでですが、そうじゃない人のためにもう1枚。

ここはどこの写真?

f:id:tomtom_com:20190425033339j:plain

出典:ウィキペディアより

東京〜神奈川付近に住んでいらっしゃる方はわかりますかね?

ご存知関東を代表する私鉄大手、東京急行。ひと昔前の東急大井町線です。

と言うわけで富山地方鉄道の魅力の1つは、都会で活躍してた電車に出会える事!

東急以外にも、西武さん、京阪さんなんかもいます。特に西武から譲り受けた車両は、西武沿線の子供達の憧れ初代レッドアローでございます。

f:id:tomtom_com:20190411171224j:image

以前のブログでも紹介した、富山地方鉄道を題材にした映画、RAILWAYSでもその事が描かれておりますが、都会では引退した電車がまだまだ現役で頑張ってます。

 

www.tomtoy.site

西武と言えば建築家の妹島和世さんがデザインした「Laview(ラビュー)」が最近走り始めましたね。

f:id:tomtom_com:20190413003702j:plain

出典:ウィキペディアより

こちらはこちらで興味がありますが、富山地方鉄道のレッドアローだって負けてません。

しかも富山地方鉄道で活躍するレッドアロー2編成のうち1つは水戸岡デザインです。

f:id:tomtom_com:20190425034953j:plain

出典:ウィキペディアより

水戸岡さんと言えば憧れの「ななつ星」を始め「SL人吉」や九州新幹線など数々の車両や建築物のデザイン監修をされている事で有名ですが、九州だけではなく富山の地でも水戸岡デザインが楽しめるとはなんとも嬉しい限りです。

こう言った鉄道リサイクルですが、有名所だと大井川鉄道きかんしゃトーマスなんかその最たる例でしょうか。それ以外にも熊本には銀座線が、お隣石川県の北陸鉄道には東急が走ってます。他にもいっぱいあるみたいですが小田急ユーザーだった私としては、去年引退したロマンスカーLSEなんかが富山に来てくれたら発狂してしまいそうですね。

f:id:tomtom_com:20190425035722j:plain

出典:ウィキペディアより

(小田急小田急ミュージアムを建設中でLSEが展示される事は決まっているみたいなので、富山に来ることはなさそうですが…)

エコや効率、使い勝手を考えると都会のように新型に変えていくことが良いのかも知れませんが、まだまだ使える物を大切に使っていく事もとても大切だと思います。

それにしても建築家が鉄道デザインに関わる事例が増えてきましたね。

 という事で、富山地方鉄道の魅力第一弾はこの辺で〜

 

意外と知らない富山城!

そろそろ桜も散って、桜ネタも尽きたかと思いきや、今日もちゃっかり桜がでますが、今日の主役は富山城。

f:id:tomtom_com:20190418124129j:image

先週前半は富山は天気が良かったですねー

こんな日はランチで遠出しちゃいましょう!

って事でちょっと遠くまで出かけてきました。

富山城の桜も終わっちゃったなーと、横を通った時です。

f:id:tomtom_com:20190418124657j:image

昔から馴染みがありすぎて、中に入った事がない事にふっと気づきました!

1時間の短い昼休みなので流石に中に入ってるほど余裕はありませんが、公園内なら!

って事で富山城のある富山城址公園に行ってきました。

f:id:tomtom_com:20190418124644j:image

で、結論から言うと、結構良かった!

天気のおかげかも知れないけど、こんな良い場所が駅近くにあるなんて全然知らなかった。

誰が言ったか知らないけど、街の中心に大きな公園がある都市って世界的に見ても魅力的らしい!

確かに都心部の公園代表と言えばセントラルパークを始め、東京都内にもいっぱいありますよね。ヨーロッパなんかもいっぱいありそう。そういえば昔住んでたアムステルダムもたくさんあったなーと思いつつ、逆に都市公園が無い街なんかあるのか?なんて思ったり。

f:id:tomtom_com:20190418183258j:image

場所の紹介がまだでしたね。

富山城は富山駅の南側、前回の環水公園とは駅の反対側にあります。富山の市街地は駅の南側が発達しているため、富山城側にいろんな都市機能が集まっています。県庁や市役所、富山を代表する百貨店、ホテルも富山城のお隣さんです。そんな都市のど真ん中に位置する城であり公園であります。

で、期待を裏切らない人の少なさに加えて良かったのが、庭園。

f:id:tomtom_com:20190418184056j:image

どおですか?

こんな公園が県庁所在地の市街地のど真ん中にあるんですよ。四季折々の変化を楽しめそうです。春はもう少し緑が出てきてからが素敵かも知れないですね。

f:id:tomtom_com:20190418184421j:image

ちなみに正面に見えているのは、富山市佐藤記念美術館。入らなかったので、詳しいことは後日書くとして、富山の実業家であり茶人であった故佐藤助九郎氏が作った美術館だそうで、隣の建物ではお茶も楽しむことができるようです。

f:id:tomtom_com:20190418185219j:image

で、お待ちかね!

(待ってねーしって言われそうですが…)

富山城址公園の桜です!

f:id:tomtom_com:20190418184745j:image

枝垂桜なのかな?

城の周りや松川のソメイヨシノは花が散ってましたが、ここは満開です!

いやもうホント桜って良いですね〜

今度はお弁当持って1人ランチしよっかなー

f:id:tomtom_com:20190418185155j:image

世界一美しいスタバの中でも1番美しい季節

誰が言ったかわからないけれど、世界一美しいと言われている富山の環水公園にあるスターバックスコーヒー!

そのスタバが1番輝く季節、桜の季節到来です!と言うわけで先週の昼休みに会社を抜け出して行ってきました!

f:id:tomtom_com:20190416193805j:image

桜ネタ三連ちゃん(笑)

 

環水公園と言うのは富山駅の北口にある富山市民憩いの公園でありますが、世界一美しいスターバックスはここにあります。

なんと公園内のスターバックスとしては、日本初だったという歴史も持ってます。

f:id:tomtom_com:20190416193917j:image

そんな環水公園スタバですが、何がそんなに美しいって、私は立地環境から来る空気感だと勝手に思ってます。

下の写真中央がスタバですが運河を囲んで遊歩道と芝生広場、運河を渡る橋、左奥には内藤廣先生の富山県美術館も見えます。

f:id:tomtom_com:20190417065619j:image

もちろん建物自体も綺麗ですし、運河に面したテラス席も素敵ですが、空気感が最高です。

空気感ってなんけ?

って言われそうなので、

もう少し具体的に書くと、

・密度(人と緑)

・そこから見える景色

・ゆっくり流れる水

の3つ。

人の密度は富山県ならではの、多すぎず少な過ぎずってやつです。

富山駅から徒歩10分程度にもかかわらず、この人の少なさはある意味脅威です。それでいて周りにはしっかりと都市の生活があって、人の活気が感じられる素敵な場所なのです。

そして緑の密度もちょうど良い。

緑が多すぎないおかげで、視界も抜けるし、風や光もいっぱい抜けていきます。

で、そんな場所なのに周りには高い建物が無く、空がとても広く晴れた日は本当に気持ちが良いです。というわけでこれが2つ目の理由。

f:id:tomtom_com:20190417091006j:image

最後は以前新湊の内川の記事でも触れたけど、かすかに流れる水が作り出す、ゆっくりとした時間。

湖のように水が留まっているのでは無く(実際には微かに流れてるんだと思いますが)ゆっくり流れる事で、非常にゆっくりとした時間を感じられる事が出来ているのだと思います。

www.tomtoy.site

この3要素が素敵に調和している公園の中心として存在するスターバックス。カフェと呼べるのは店内だけかもしれませんが、テイクアウトして散歩しながら飲めば、公園全体がスタバとなってしまいます。

世界一美しいスターバックス

今回は昼間の春の紹介でしたが、夜や夏、雪景色も素敵です。

最近ちょっと混み気味ですが、富山駅にお越しの際はちょっと寄ってみてはいかがでしょうか?