とやまらいふ

富山産100%の家を設計すべく奮闘する、建築家の卵の富山生活メモ

LINEスタンプ販売してみた。

こんばんわ。

間違えた。

こんばんは。

 

たまにふっと間違えちゃいますね。。。

 

さて今日はLINEスタンプについて。

 

お世話になっている人が多いと思いますが、

LINEのスタンプ。

安くて便利!

ついついいろいろ買っちゃいたくなりますよね?

 

これ自分でも作って売れるって知ってました?

 

実は妻から子育て専用スタンプを作れと

もう何年も前から私に命令が来ておりましたが、

ずっとほったらかしにしてました。。。

 

ブログも開設したし、

ブログのマスコットもスタンプにしたいし、

まずは妻の要望に答えよう!

 

ということで、やってみました。

 

販売までのざっくり道のり。

①妻に紙に絵コンテを作ってもらう。

 最低でも8個

 最大で40個まで一度に販売できるので、

 絵コンテは45個くらいあった方がよい。

②絵コンテをスキャンする。

イラストレーターでなぞる。

 いきなり画像で書くのもOK

④画像(PNG)に変換する。

⑤LINE Creators Marketから販売申請する。

 いろんな注意事項があるので、

 ガイドラインを読んでから申請しましょう。

 値段や販売エリアなどはここで決定できます。

⑥審査が終わるのを待つ。

⑦販売承認される。

⑧販売する。

 

といった感じ。

最近では写真を使ったり、動くもの、絵文字まで販売できるみたいです。

 

さて売り出したスタンプ(一部)はこれ。

f:id:tomtom_com:20190115225022p:plain

題して

「子育てに奮闘しトリます。」

販売開始から3日。。。

売上金62円、、、

たぶん自分と妻と妻妹の身内が買っただけだ。。。

 

これをたくさん売ろうと思った訳じゃないけど、、、

 

でも今回売り出してみてわかった事も何個かあったので記録しておきます。

 

①黒の輪郭の周囲には白の輪郭もつけるべし。

 →背景が濃い色を設定している人には黒の輪郭が見えにくい。

②白色は確実にチェックすべし。

 →PC上で見ると白でも、PNGデータでは透明な事も。

  透明のままだと背景色が透けちゃう。。。

  上のスタンプの04番のオムライスのお皿は透明なので、

  皿の色が背景色になってしまう。

③絵は2〜3個余分に作るべし。

 →審査の過程でNGが出る事も。

  そうなったときに差し替えができると楽ちん

 

そして、今日の本題

え?

いまさら?

 

えと、ニックネーム変更します。

げんげん→げんげもん

になりました。

 

なぜか?

LINEスタンプの制作者に「げんげん」が既にいた!

なので今日から「げんげもん」です。

 

「く○もん」とか「ほり○もん」の親戚的な。。。

 

という訳でニックネーム新たに、今後もよろしくお願い致します。