とやまらいふ

富山産100%の家を設計すべく奮闘する、建築家の卵の富山生活メモ

Revit用パソコン!

来ました!

Windows10搭載PC!

f:id:tomtom_com:20190118222908p:plain


 

え?今頃?普通じゃない?

世間的にはそうですよねー

 

でも我が家にとっては一大事。

 

なぜなら我が家はずーっとMacだから。

 

じゃあなぜ今Winなのか。

ズバリRevit用です。

 

MacではRevit走らないんだよねー

なのでWindowsを久しぶりに購入。

 

自宅の設計始めたいのに、

ソフトが無い…

間抜け過ぎる…

 

え?

Revitってなに?と言うかたの為にプチ解説。

Revitと言うのは建物設計用のパソコンのBIMソフトの名前です。

建物設計用って言うとCADが有名ですが、このBIMも大きなくくりではCADです。

Revit-2015-splash-screen

出典:ウィキペディアより 

 

Building Information Modelの略なんだけど、

ざっくり言うと、

パソコンの中に本物と同じ建物と、建物を作るための図面を同時に作れちゃうソフト!

 

あーいわゆる3Dソフトね!

と思ったあなた。

 

たしかに3Dで見ることは出来るんですが、ちょいと違うんですわ。

図面が同時に出来るってのが味噌。

 

よく目にする、マンションとか住宅のパンフレットに書いてある完成予想パース。

あれは設計士が図面を書いて、それをパースが得意な人が3Dソフトに入力してって別々に作業するのが普通なんです。

 

ところがどっこいこのBIMを使えば、それが同時に出来ちゃうっていう優れものなんです。

 

ただ、優れもの過ぎて、普通のパソコンじゃ動いてくれないし、めちゃ高額…

 

なので、家電量販店とかにある、大手企業のPCでは中々スペックと価格が見合ったPCがないんです…

 

そこで今回はBTOパソコンを買ってみました。

 

BTO→Build To Order

 

いわゆる受注生産PC

 

有名なのはhpとかDELLかな?

他にはドスパラとか、マウスコンピューターLenovoとか?

 

無駄を省いて、欲しい機能にお金をかける事が出来るので、自作PCの次にコスパの良いパソコンの買い方ですね、

 

なんでDELLになったかと言うのは後述するとして、Revit用パソコンってどんなスペックが必要なの?って事を少し書きつつ、これからちょこちょこ使用感を報告していきたいと思います。

 

では、まずはRevitホームページより、

推奨動作環境(抜粋)

 

OS
Windows 10 64bit:Windows 10 Enterprise、Pro


CPU
マルチコアIntel Xeon、またはi-SeriesプロセッサーまたはSSE2テクノロジーを搭載したAMD相当。入手可能な最高速度のCPUを推奨

 

モリー
8.0GB以上のRAM

 

HDD
5.0GBのディスク空き容量

 

グラフィックス
Shader Model 5搭載 DirectX 11対応グラフィックスカード


ディスプレイ
1,680×1,050 True Color

 

うーん…

まあ、予想はしてたけど、結局何を実装すれば快適なのかは不明ですね。

CPUなんて、「入手可能な最高速度のCPU」って…

そりゃそーでしょーよ!

スペックあげれば快適な事は分かるんだけど、そんなにお金無いっす。

 

と言うわけで結局会社で使っているノートPCと比較するのがベストだと判断。

ちなみに会社でRevitはとりあえず不都合なく動いてくれていますので、こいつを越えればOKでしょう。

 

会社ノートPCスペック

OS
Windows 7 64bit


CPU
Intel Core i7 -4700番シリーズ

(4コア8スレッド)

 

メモリ
16.0GB

 

グラフィックス

Geforce GTX 800Mシリーズ

 

 

という感じでした。

調べてみて思ったのは意外とスペック高く無いなーっていうのと、設計用グラフィックボードの代名詞、NVIDIA quadroは搭載しなくても良いんだ!って事。

確かに推奨動作環境欄にもDirectX 11って書いてありますしね。

geforcequadroだとコストが全然違うからこれは大きな収穫です!

 

まーあくまでRevitをベースに考えた場合ですが。

 

と言うわけで、Revitスペックは悠々超えられそうだったので、ひょっとしたら使うかもしれないlumionベースでPCスペックを決めることに!

 

じゃlumionは?と言うことですが、それはまた次回!

 

と、ここまで書いて本来のブログの趣旨。富山ネタじゃない事に今気づいた。

 

いや!違うんだ!

これは富山に家を建てる為の準備だからしょーがない!

と言うわけでお許しください…