とやまらいふ

富山産100%の家を設計すべく奮闘する、建築家の卵の富山生活メモ

はじめてのスキーに最適なスキー場

今日から3月なので、ちょっと旬の過ぎた話題かもしれませんが、今日は北陸の代表的なウインタースポーツであるスキーについて。

代表的というくらいなので、比較的山に近い小中学では授業でスキーやら、スキー遠足やらあります。

そしてそんな授業の為に、親はなるべく早く子どもをスキー場に連れて行く文化があるようです。←正確なデータは何も無いですが…

我が家の場合は4歳からスキー場に連れて行きましたね。

 

ただ小さい子どもにスキーさせたいけど、どこがオススメ?って結構聞かれるので、ご紹介。

ズバリあわすのスキー場です。

f:id:tomtom_com:20190228233542j:image

富山の人にも意外とピンとこないかもしれませんが、立山山麓スキー場と言えばピンとくる方も多いのでは?

立山山麓スキー場というのは、3つのスキー場の総称で、1番有名ならいちょうバレースキー場、極楽坂スキー場、そしてあわすのスキー場を合わせて立山山麓スキー場と言います。

ところがどっこい、らいちょうバレーと極楽坂はスキーで行き来出来る事もあり、何故かあわすのを除いた2つだけでも立山山麓スキー場と言うらしく、完全に仲間ハズレです。

ただその甲斐あって実は結構穴場です。

f:id:tomtom_com:20190228234233j:image

で、はじめてにオススメの理由

1、人が少ない

2、安い

3、ボーゲンヘルパー

 

一つ目の人が少ないのは毎度おなじみ富山の魅力の一つですね。

滑り始めはコントロールが出来ないのが当たり前、誰かにぶつかっちゃうって事がよくあります。でも人が少なければ少ないほどそのリスクは少なくなりますよね。

 

そして2つ目の安さ。

実はあわすのスキー場の運営はNPOです。

NPO→non-profit organization

非営利団体ですね。

非営利なので儲けはリフト券代に含まれてないって事です。

スキー場のNPO運営は最近では増えてるみたいですが、あわすのスキー場は宮城県蔵王白石スキー場などと並んでかなり早い段階からやってるみたいですねー

 

そして3つ目のボーゲンヘルパー

ボーゲンヘルパーって何かわかります?

これです。

二本のスキーの先と先を固定してしまい、強制的にボーゲンの形にしてしまう、初心者向け最強グッズです。

このボーゲンヘルパー、買えば良いのですが意外と高いのと、何回使うかわからないものなので、購入を躊躇してしまうグッズです。

ところがあわすのスキー場はこのボーゲンヘルパーを貸してくれます。しかも一日借りて500円!

f:id:tomtom_com:20190301101416j:image

他にもキッズパークには斜面を登る動く歩道的なリフトが設置されており、まさに初めてのスキーにもってこいです。

 

今年も雪が降らなくなり、先週からは土日のみの営業。今月も17日を最後に営業終了らしいですが、行こう行こうと思っていてなかなか行けなかった方。シーズンレンタルしたけどあまり使えなかった人。今週末なんてあわすのスキー場に行ってみてはいかがですか?